◎入澤 清司氏

プロフィール

 30数年前、人間の意識とは何か、悩みや苦しみ、病気、肉体と心の関係について探求を始め、心と魂とカルマの関係を発見する。

そしてあらゆる病気や精神的、肉体的な問題も、一般的にカルマと言われているものに由来すること、知ると知らざるに関わらず、魂には人それぞれ個別に設計図があり、それにしたがって無数の部品で構築されていることを発見する。

また大量のエネルギー生産法や反省による変換法を導き出し、マイナス要素であるカルマは、大量のエネルギーによってプラス変換され、この魂の部品(素材)となっていることを数々の人の精神的、肉体的改善で実証した。
これによって人生が一変するほどの劇的な変化を経験した人も数多い。
人間は魂の進化成長を目指して輪廻転生を繰り返しているが、進化成長とは心と魂がこの設計図に則って完成されていくことに他ならない。
カルマのプラス変換を促し、魂への組込みを指導することから「魂の建築家 」と言われる。

カルマのプラス変換とは、弱っている箇所を活気付けること、病気の箇所や精神的肉体的な問題箇所を癒すことを可能にするだけでなく、本来の目的である進化成長を飛躍的に可能にする真理であることを確信し、多くの人に指導を続ける。